留学・ワーホリエージェントの全て(収益も)を暴露しましょう

オーストラリアにワーキングホリデーでの渡航、中長期で英語留学の為に学生ビザで渡航する方など年間1万人以上の日本人がオーストラリアに渡航しています。

留学やワーホリの計画段階からついて回る【エージェント】の存在。サイトを見れば【無料】とか【有料プラン】とかいろんなキャッチコピーも、サービスもあるし、SNSでは沢山の広告を目にするし、Googleで検索すれば沢山の留学・ワーホリエージェントがでてくる。

エージェントって色んな種類があるだろうし、自分に必要なのかもわからないし、手数料完全無料とか書いてて余計に怪しいし!(笑)

実際エージェントにはどのような種類があって、どのように運営されていて、何が良くて、何が悪いか?更にはエージェントの収益モデルまで全て明らかにしましょう。これを読んだあなたは、エージェントを選ぶに当たって本当に自分にマッチした留学エージェントを選んで頂けるのではないか?と思っております。

ワーホリエージェントってなに?

ワーホリエージェントとは、ワーキングホリデービザでオーストラリアに渡航する日本人に対して、語学学校の手続き、生活サポート、特にオーストラリア現地でのサポートを重視したエージェント。ワーホリエージェントは現地サポートを重視しているので、オーストラリアの現地エージェントが殆どになります。

留学エージェントってなに?

留学エージェントとは、日本の留学予定者がオーストラリアの語学学校・専門学校・大学などの教育機関に入学して留学したい場合に、その学校への入学手続き・入学時のサポートなどを代行して行ってくれる代理会社のことを留学エージェントといいます。

分かりやすく留学エージェントの立ち位置を図で表すと…

日本でこれから留学を検討している留学生には上図の通り、2つの選択肢があります。【日本にある留学エージェント】を活用する、もしくは【オーストラリア現地留学エージェント】を活用する、という2つの選択肢です。

どちらのエージェントがどう良いのでしょうか?

日本のエージェントとオーストラリア現地エージェント比較

図に記載している通りで、留学エージェントの中でも【日本にある留学エージェント】【オーストラリアの現地エージェント】の2つに別れることになります。どちらのエージェントにもメリット、デメリットがありますので、一概にどちらがいい!ということはありません。ただ、費用が安くなるのはオーストラリア現地エージェントです。

日本のエージェントのメリットとデメリット

 メリット デメリット
日本にあるオフィスが近ければ会って話ができる 費用が高くなる(現地エージェントに委託するため)
オーストラリアに渡航してからの現地サポートが無い
 学費が現地エージェントより高くなる

オーストラリア現地エージェントのメリットとデメリット

 メリット デメリット
オーストラリア現地で困った際にサポートしてもらえる 渡航前のカウンセリングや準備の為のオリエンテーションがSkypeやLINE通話になる
 日本のエージェントを挟まないので、費用が安くなる
 現地のタイムリーな情報が聞ける

 

留学・ワーホリエージェントって使ったほうがいいの?

先程も述べましたが、年間1万人以上の日本人が毎年オーストラリアに入国しています。

そのほとんどの方が、日本の留学エージェント、もしくはオーストラリア現地エージェントを活用しています。

  • ビザの申請を代行してもらったり
  • 学校の選定の相談、カウンセリングを受けたり
  • 学校の手続きをしてもらったり
  • 仕事の斡旋やインターンの紹介をしてもらったり
  • オーストラリア現地サポートを受けたり

特に語学学校に通われる人は日本から学校の申請手続きはできませんし、自分で行うよりもエージェントに任したほうが安くなるということもある(エージェントの割引などもある)ので、語学学校に通われる方は100% エージェントは活用したほうがいいでしょう。

直接自分で学校手続きすれば安くなるんじゃないの?

勘のいい方は上の図を見て気づくかもしれませんが、「エージェントを挟まずに直接学校に手続きすれば安くなるんじゃない?」かと。

実はこういうスキームが成立しないようになっています。オーストラリアの語学学校は教育機関として役割を120%全うするために生徒様への満足度を高めることに仕事の重心を置いています。ですので、各学校さんは集客する為の施策をしたり、質問を受け付けたりする部署や機能を持っていません。

語学学校は生徒に満足してもらうために教育機関留学エージェントは日本のユーザー、お客様に学校の事を知ってもらい、入学手続きを代行する、というように役割分担がしっかりできていて、エージェントと語学学校の信頼関係は絶対になっています。

ですので、確実に言えることは、「エージェントを通したから学費が高くなった!」というような状況はありえない。ということです。

使うならオーストラリア現地エージェントの方がいい!??

やはり、オーストラリア現地エージェントがあり、現地の情報をいち早く仕入れてお客さまに還元する。何かあった際は会って話を聞いて解決する。

オーストラリア現地に渡航してからが大変な留学・ワーホリ生活の始まりです。特にオーストラリアの語学学校を実際に見て、聞いて「本当にいい学校を知っている、見ている」という点では、オーストラリア現地エージェントを活用される方が情報に信憑性があるのではないかと思います。

日本のエージェントだと多くても月1でオーストラリアにも出張で行き、学校をこの目で見ています!的なこと言ってますが、結局オーストラリアのこと紹介するのに、オーストラリアにいなくてオーストラリア現地エージェントから聞いた情報などを日本のお客さまにお伝えしているのであれば、オーストラリア現地エージェントを活用した方がいいのではないでしょうか?

無料エージェントが成り立っているカラクリとは?

【手数料完全無料のエージェント】って書いてる、儲からないのに怪しい!!なんて思っているあなた!エージェントの収益のカラクリは下記のようになっています。

無料の留学エージェントは留学生を語学学校に紹介することで【紹介料】を対価としてもらって運営しています。具体的には入学手続き、集客のお手伝い、学校の広告宣伝を日本で日本人に対して行っています。要するにオーストラリアの語学学校ができないことをエージェントが代わりに行っているということです。

下の図は、留学生が既にオーストラリアに渡航した後に学校から紹介料がエージェントに入っていく流れです。

だから手数料無料のエージェントは、語学学校から紹介料、広告費で成り立っている、ということでした!

問題は、無料エージェントと謳っている有料エージェントがあること

さあ、最後の重要トピックですが、これが実は大問題です。留学にいく人が混乱して、勘違いしている元凶がここにあります。

留学エージェント業界のネタバレしていきましょう。

無料エージェントとサイトに書いているのに、見積書を見ると【プログラム申込料】【海外通信費用】などの有料プランが見積書に入っているということです。ただ、留学にこれから行く人なんて”何も知らない赤ちゃん”みたいなもので、「留学に行くにはやっぱりこれくらい費用がかかるのか〜」と納得してしまうと思います。

つまり、見積書を見れば本当にそこが無料エージェントなのかどうか?が分かるということです。

さいごに

留学エージェント業界がもっとよくなることを祈っています。そして、一人でも多くの日本人の若者が日本を出て海外で挑戦し、それを海外の留学エージェントがしっかりサポートしていく、そこにぼったくりや人を騙してお金儲け、ということが無くなっていけばと祈っております。

最後まで読んでいただきありがとう御座います。決して留学エージェントの誹謗中傷を目的ではありません。

エリア

カテゴリー

タグ一覧