シェアハウスのオーナーの貯金額は凄い?

誰かに聞いたことがあります。シェアハウスはやると稼げると!でもどうやって始めたらいいのか?そもそもシェアハウスってやっていいことなの?色々あると思うので研究結果をここで発表したいと思います。

シェアハウスを運営して生活費を浮かす

本記事はシェアハウスのオーナーがオーストラリアでどのように利益を稼いでいるかを暴いた暴露記事です!違法ではないが比較的グレーゾーンであることは確かなのですが、オーストラリアに住んでいる人のほとんどがシェアハウスと呼ばれる物件に住んでいるのは事実です。シェアハウスの数だけそれを運営しているオーナーがいて収益を得たり自分は家賃を浮かしていたりするのは事実です!

img_0837

オーナー目線ではシェアハウスの種類は2種類ある

①6人〜10人くらい住める環境を作って利益を出していくタイプ

②自分(オーナー)の住む場所をシェアハウス内の部屋に確保して、自分支払いコストを下げてるタイプ

オーストラリアにお住まいの学生やワーキングホリデーで渡航された方の半数以上は上記のどちらかのタイプの家に住んでいるんではないでしょうか?

今回は①に関してはあまり触れないようにしようと思います。オーストラリアのルールとしても良くないし、シェアハウスをオーナーとしてやる人にとってもグレーゾーンな行為をこのブログを見て始めてしまう人がいても困るので、いまからは上記②を噛み砕きながら説明していきます。

img_6304

なぜシェアハウスのオーナーをすると生活費が浮くのか?

オーストラリアの物件はもちろん場所によって家賃の費用が全くことなりますが、例えばシドニーのシティー内、その付近だと2LDK(2beds/2bathroom)が700〜900$/週で不動産から借りることができます。はい、想像してください!今住んでいる自分の家には何人住んでいて1人の家賃はいくらか?それを合計してー700$すると今のオーナーが1週間に利益として得ている不労所得になります。

例えば(よくあるパターン)

  • 物件:3LDK(3beds/2bathroom)
  • オーナーが不動産に支払っている家賃:900$/週
  • 住居人数:男4人/女4名+(オーナー1名) 住人は合計8人
  • 住人の家賃:150$/週
  • 1週間のオーナーの利益:300$/週 (150✕8人=1,200$ー家賃900$)

オーナーは住みたい家or部屋に家賃がかからずに住めた上で、毎週300$というポケットマネーを得られるということです。

家はどうやったら借りられるの?

家を借りるのは日本と同様で不動産で家を探し、家を不動産と契約します。まずは不動産に登録されている家をリストで見れるようなサイトで良さそうな条件の家を探し、不動産が行うインスペクションに参加します。いつもはシェアハウスをインスペクションしに行くワーキングホリデーの我々ですが、家を借りに行くインスペクションにいく、何かきれいな家を見るのは楽しいですね♪♪

物件が見れるサイト:realestate.com

どれくらいの資金が初めにあれば家は借りれるの?

4週間分のボンド

初めに家を借りる時に不動産に支払うボンド金は家賃の4週間分です。なので物件の家賃が700$/週だと2,800$のボンドを支払います。ボンドは退去時に返却してもらえる費用です。銀行に貯金したと思ってもいいでしょう。

2週間分の家賃を前払い

700$/週の物件だと1,400$の家賃を前払いです。そこから隔週(2週間毎)に1,400$を支払うルーティーンになります。ですので初めに用意しておく金額としては6週間分の家賃(ボンド=4週間分のレント)+(2週間分のレント)の4,200$からでスタートができます。

実際に物件を見学するインスペクションに行ってきた!

img_6691

img_6684

もちろんファミリーや学生、沢山の人がインスペクションに来ています。インスペクション自体はフラ〜と参加していいので、パスポートが必要とか、所得チェックされるとかそんなことはありません。沢山の人がパッと見に来ては帰る、部屋の中は多いときでは30人〜50人くらいでいっぱいになる時もあります。

この家に決めた!借りる手続きはどうするの?

このインスペクションの時に不動産のスタッフに「アプリケーションフォーム」をもらいます。申込書です。申込みをする時の準備物ですが下記のような情報や証明書が必要みたいです。家を本気で借りたい人はインスペクションに行く前に下記の書類などは準備しておくべきでしょう。

  1. パスポートのコピー
  2. オーストラリアに滞在しているビザの証明
  3. 銀行残高証明書(これは8,000$くらいあれば十分ですが多ければ多いほうが良いです)
  4. 収入証明(Payslip)(用意できれば過去数カ月分)

アプリケーションフォームを提出する前の注意点

アプリケーションフォームですが、オーストラリアでの友人や知人を数名と働き先のマネージャーや仕事仲間の名前と電話番語を記入する欄があります。そこに書いた方1名づつくらいはアプリケーションを出した後に電話が行きます。

「〇〇さんの働き先のマネージャーですか?」「〇〇さんは仕事どれくらい働いていますか?」「週の収入が▲▲と書いてありますが本当ですか?」とか込み入った話を聞かれることもあります。ので知らない人の名前や電話番号を書いていると審査に通りません。というのも、人気のある部屋は沢山の人がアプライするので、不動産もその希望者の中から高所得者やオーストラリア在住歴が長い人やファミリーなどを優先する傾向があります。

申請が通ったらすぐに入居!

アプリケーションフォームが通ったら、すぐに鍵を不動産から受け取って入居はできます。これから大変なのが家具を集めていくということです。バンクベットが必要とか、キッチン用品、バスルームの用品、リビングのソファーなどです。もちろん生活に必要な物は全て揃えないといけませんから。家具などは実はGumtreeなどのサイトで無料の物があったり比較的安く揃えられるというのがオーストラリアです。冷蔵庫と洗濯機合わせて200$とかという広告も見たことあります。ソファー引き取ってくれるなら無料とか。効率よくコストを押さえて家具は集めましょう。

img_6809

img_6806

img_6811

家具やWi-Fiなどのセットアップ

Wi-FiはTPGの使い放題(Unlimited)のプランで月60$です。サイトはこちら→TPG

Wi-Fiはセットアップまでに時間がかかるらしいのでアプリケーションが通った時点で申請して置くほうがいいらしいです。2週間くらい待つ時もあるみたいです。

img_6630

家が完成したらあとは一緒に住みたい人を集めるだけ

部屋が完成したらあとは一緒に住見たい人を自分の好みで募集するだけ!ヨーロピアンだけの家にしようかな?とかやっぱり綺麗好きの日本人かな?とか家賃は160$にしようかな?ルールに則って4人だけのシェアハウスにしようかな?とかあとは好きにアレンジしていけばいいんです!

シェアハウスより100倍居心地いいです

自分の住みたい場所で、自分の好きなように部屋を作って、家賃もかからず、もしかしたらポケットマネーも毎週入るかも?オーストラリアでの生活も住みにくい状態を自分でアレンジして家を作られてはどうでしょうか?

エリア

カテゴリー

タグ一覧