2008年12月29日(サイパン2日目)。

レストランコーラルガーデンでマニャガハバーガーを食べた後、
賑わう遊泳区域を後にし、先程訪れたマニャガハ島裏手の人気のないビーチへ戻ってきました。

この後は迎えのボートに拾ってもらい復路の途中でシーウォーカーを行うので約束の時間までここで南国ビーチを満喫したいと思います。

流木を横目にレンタルしたでかい浮き輪を枕に寝転がってると何とも幸せな気分です。
普段過ごしている東京と、この楽園みたいな場所が同じ地球上に在るとはにわか信じがたい位に心地が良い場所です。

しかし幸せな時間は無情にも直ぐに過ぎてしまうものです。
お迎えの時間です。

レンタルしてたでかい浮き輪を返却し、荷物をまとめて桟橋へ…
往路と同じく小型のボートに乗船しシーウォーカーのスポットへ向かいます。

やはりこのボート、かなりの馬力でグングンとマニャガハ島から離れていきます。
ばいばい~マニャガハ島!
また来年も来るぞ~行きました

マニャガハ島とサイパン本島。
しかし綺麗なマリアナブルーです。
視界も良好でサイパン本島の北端の方まではっきりと確認できます。みどりが沢山で目にやさしい~
東京では開けた景色を見る事なんてまずないですからね~何というか視力が良くなりそう。

そしてボートに揺られる事、約5分位。
シーウォーカーのポイントに到着しました。サイパン本島でいう所のだいたいハファダイビーチホテルから見て左斜め前位の水上。
ここに機材の積んだ船が停泊しています。
ここで毎回シーウォーカーを行っているので熱帯魚がエサ目当てに集まっている様です。

ちなみにシーウォーカーってこんなのです。
フルフェイス状のヘルメットに直接空気を流し込むチューブがくっついていて水中でも呼吸が出来るアクティビティーです。

今回は我々を含む4名で行うらしく残りのメンバーをのんびりと船上でまちます。
ただ海を眺めながら過ぎていく時間、何とも贅沢な時間です。

そうこうしているうちに残りのメンバーが到着、韓国の方でした。

インストラクターの方にヘルメットをかぶらせて頂きいざ海へ。

約6メートルくらいの海底まではしごで降りて行きます。
約6メートルといえど海底、気圧で耳がおかしくなります~海底に付いたらポイントまでドシドシと歩いていきます。このヘルメットが結構重たい…
ポイントに到着したら膝をつき海流に流されないよう海底と船を繋いでいるロープにしがみつき熱帯魚にエサを上げさせてくれます。エサって言ってもウインナーの缶詰ですがw

ウインナーを突き出すと熱帯魚がワラワラよってきてツンツンと食べてくれます。カワイイです。
ニモ事クマノミにもあげたいのですがなかなか上手にあげる事が出来ません…

夕方だったので若干透明度に難がありましたが十分すぎる位の透明度で海底散歩を満喫しました。
海底から水面を見上げると何とも不思議な感覚に陥ります。まるでCGでも見ている様な感覚です。

そんなこんなで約20分位のシーウォーカーを楽しみ船上に戻ります。
ただ、ヘルメットが重くて船上に上るのに若干難儀します。

いや~気持よかった!

これで本日のマニャガハツアーは終了。
天空散歩にマニャガハ島、そして海底散歩。何とも満足なツアーでした。

では一旦ホテルまで送ってもらいその後の行動に備えましょう!

エリア

カテゴリー

タグ一覧