2020年の東京オリンピックに向けて、日本国内でも店内分煙や路上禁煙の拡大、果ては税率アップでどんどん肩身が狭くなる喫煙者。

「いいタイミングだしタバコやーめよ!」

で禁煙できる方ならまだしも、なかなかやめられないのが喫煙者の性(もちろん筆者もです)

そんな中でオーストラリアに行った僕はぶったまげわけです。

「タバコ一箱3000円…!?」

そう、オーストラリアはもともと物価が高いイメージではあったんですが、タバコの値段がべらぼうに高い!

話を盛ってるとかではなく、タバコが一箱25〜35オーストラリアドル(銘柄・レートによる)で、日本円に換算すると平均でも約3000円。。

だからと言ってタバコを持ち込もうにも50本以上持ち込もうとするとまた税金がかかり、(この税金もめちゃくちゃ高い!)結局現地で買ったほうがお得に感じるレベル。

ここまで聞いて「タバコが吸えないならオーストラリアは留学に向いてない」と思った喫煙者の方ちょっと待った!

タバコが吸えないとは一言も言ってません!

日本に比べると高くなってしまいますが、それでもタバコが吸いたい愛煙家のために、筆者が経験したオーストラリアのタバコ事情を紹介します!

そもそもどこでタバコが買えるのか

タバコがどこにもない!?

タバコはスーパーマーケットやガソリンスタンド(ペトロールステーション)、コンビニ、ボトルショップ(酒屋)などで売っています。

がしかし、タバコ自体目に入る所には陳列されていません。

それもそのはずオーストラリアではタバコの規制が激しく、かなり痛々しいパッケージになっていて、法律でタバコをお客さんから見えるように陳列してはいけないと決まっているからです。

例えば、タバコで汚れた肺やただれた内臓、病気になった瀕死の顔写真とか…Smoking Killsなどの大きな文字で「それでもあなたは吸うのですか?」という問いかけです。

日本のような各社おしゃれなパッケージに「肺がんのリスクを高めます」程度の優しいものではなく、どの銘柄も統一のパッケージです。

そのため、「たばこある?」「あるよ、銘柄は?」みたいな怪しげな会話になるわけです。

日本で慣れ親しんだ銘柄はある?

オーストラリアで目にするタバコの多くは日本ではあまりみかけない銘柄です。

もちろん、日本と同じ銘柄のものも主にチャイナタウンで購入することができますが、かなり限定的な種類で値段もオーストラリアのタバコとほぼ変わりません。

なので郷に入っては郷に従え、せっかくなら現地のタバコを吸ってみましょう。

タバコの買い方

タバコの種類は大きくわけて2つ!

日本でもよく見るボックスタイプ

1つ目は普段日本でも目にするボックスタイプ。

オーストラリアでは「シガレット」と呼ばれます。

また日本ほど強さが明確ではなく、

Gold 弱い
Blue 普通
Red 強い

くらいの色分けです。

注文時には、

Can i get a cigarette 〇〇(銘柄) ? くらいで伝わります。

また日本とは違い、オーストラリアのボックスタイプは20本入りだけでなく、30本・40本入りも売っているため、別途自分の買いたい本数を伝えましょう。

少しでも安く抑えるならローリングタバコ!

2つ目は、日本ではまだあまり見慣れない、ローリングタイプの手巻きタバコです。

別途でペーパーやフィルター代もかかりますが、「少しでもタバコ代を抑えたい!」人は絶対ローリングタバコ!

その理由は、ボックスに比べ圧倒的にコスパがいいから!

個人的な体感で言えば一袋で1週間弱は持ちます。

また、ダイレクトでタバコの旨味を感じられるので、ローリングタバコに慣れればボックスタイプがクソまずく感じます!笑

それもそのはずボックスには燃焼材などが入っていて100%タバコ葉じゃないからです。

吸い方やオススメの銘柄はこちらの記事を参考にしてください。

オーストラリアのタバコは、上記のように見えない場所にあることや、ローリングタバコも普通に売っているため、『銘柄』と『タイプ』を覚えておかなければなりません。

どこで吸えばいい?

店内はほぼ禁煙

オーストラリアでは、店内で喫煙できないお店がほとんど。

テラス席のあるパブがギリ吸えるくらいで、ほとんどの場合が一旦外に出ないと吸えません。

外食の際は、日本のようにお酒を飲みながらタバコ!がほぼできません。

外でも吸えない場所もある

一旦外に出ちゃえばある程度吸っても大丈夫ですが、「No smoking near entrances to or exits from a public building」の看板がある、公共の場所付近は要注意!

筆者もパブを一歩出た所で吸おうとしたら、「ここでは吸うな、道路向かいで吸え」とドアマンに怒られたほど笑

最悪の場合罰金の対象にもなるので、外でも十分気をつけてから吸いましょう!

 

まとめ

日本よりも、いや世界で一番喫煙に厳しいと言われるオーストラリア。

オーストラリア政府は、2017年から毎年12.5%ずつタバコに対する増税を実施しており、2020年には1箱25本入りが40豪ドルに!

ただ物価が高い分、賃金も高いのがオーストラリア。

かくいう筆者も渡豪1週間ほどは禁煙してましたが、みんな普通に吸ってたら吸いたくなる!

学校に通いながら仕事を探して落ち着くまではなかなか大変ですが、それでも学生ビザやワーホリで少しでも定期的に働きさえすれば全然買えないことはないです。笑(タバコ我慢すりゃもっと余裕のある生活できたかもって言うのは内緒

喫煙者からしたらタバコ我慢する方が苦痛な訳で、それがストレスになったらせっかくの留学が勿体無いですよね!

と言うことでオーストラリアのタバコ事情でした!

 

エリア

カテゴリー

タグ一覧