オーストラリアにワーホリで気軽に飛んでいこー!

オーストラリアのワーホリって結構お金無くてもいけるんじゃねー?ってふと思い始めた時から、実際にワーホリでオーストラリアに到着するまでの実体験をできる限り細かくまとめました。

節約が得意な私の経験だから結構安く行けてると思いますので、参考になれば嬉しいです。

ワーホリはなにげない会話から突然に

ラブストーリーは突然に。かの如く、ワーホリ渡航は突然に。

最近自分の周りでもオーストラリア留学に行く人とか、ワーキングホリデーする人とか増えてきてインスタがめちゃめちゃ羨ましい感じの写真でいっぱい。

 

友達:「オーストラリアのビザって簡単に取れるらしいよ30歳までなら」

私:「え、そうなん?」

友達:「ワーホリのビザって4万円くらいで1年間いれるって」

私:「そうなんだ。英語勉強したいしサクッとオーストラリア行っとく?」

こんな適当な感じで始まったオーストラリアワーホリ構想。

半分”夢”みたいな感じで始まったけど、いけるなら30歳なるまでに行きたいなぁって結構本気で思ってた。

 

友達:「貯金あるん?」

私:「40万円くらいなら出せるかな・・・・」

友達:「40じゃ無理でしょ」

私:「・・・・」

 

チーーーン。”ワーホリ渡航は突然に” 終了。

 

仕事してるから留学費は貯金はできる

とは言っても行くとなれば貯金はできるし、お金貯まれば行けばいいって思ってたけど

実際いくらあればオーストラリアにワーホリでいけるのか?ってちょっと本気になって調べてみた。

オーストラリア行きたいー!!!!コアラ抱っこしたい!!!ラクダも乗りたいー!

 

さて、真面目な話。

ワーホリにかかる費用を節約好きの私が徹底的に調べ尽くした研究結果を公開!!

参考にしてね!

オーストラリア ワーホリに必要な費用はいくらなの?

まず航空券を調べてみたけど、LCC(格安航空)のJetStarとかAirAsiaで2〜3万円で航空券は購入できそう!

オーストラリアのワーホリビザの費用は440AUD(3万8000円くらい)なので、ビザと航空券足しても7万円程度。

英語全くできないので、学校に通う(今はほんと中学生レベル・・・)

あとは学校に行かないと、今は全く英語話せないので、学費と生活費を少し持っていこうって感じなので、学費と持っていく現金。

  1. 航空券:31,000円/Jetstar(関西国際空港⇒シドニー)
  2. ワーキングホリデービザ費用:440AUD(38,000円)
  3. 学費
  4. オーストラリアに持っていく現金(生活費とか家賃とか)

まずは学費を見積り取ってみた

シドニーの中で安くても質の高い学校を留学エージェントにカウンセリングしてもらい、お見積りを取得!(安かろう悪かろうになっては嫌なので)

シドニーのLloyd’s International College(ロイズ)という語学学校で3ヶ月!(3ヶ月あれば英語話せるかな?w)

 

33万円!!!!

だめだ・・・(チーーーン)*2度目。

ホームステイ1ヶ月の滞在がやっぱり見積りを跳ね上げているので、ホームステイは無しでバックパッカーズに入ってそのままシェアハウスに入居する事に!

ホームステイの費用を外してもらったら、

19万円!

これならいける!!!

今の確定費用がこんな感じ。

  1. 航空券:31,000円/Jetstar(関西国際空港⇒シドニー)
  2. ワーキングホリデービザ費用:440AUD(38,000円)
  3. 学費3ヶ月:19万円
  4. オーストラリアに持っていく現金(生活費とか家賃とか)

 

オーストラリア現地に持っていく費用を計算してみた

オーストラリア語学学校(3ヶ月)が20万円くらい、ワーホリビザ4万円、航空券3万円くらいの現在27万円

海外保険の加入は諦めて、クレジットカードの保険で対応することにしました。エポスカード入会費も年会費もかからないので、一応サクッとクレジット作成!(後々親に相談したら保険代出してくれたんですが・・にやり)

あとはいくらオーストラリアに持っていくか?

オーストラリア到着後に泊まるバックパッカーズから先に予約しようと思い、Booking.comで安い宿を探す!

シドニーのセントラル駅の近くのYHAにして、とりあえず10泊でブッキング!42,833円で予約!

ここまででかかっている費用まとめ

  1. 航空券:31,000円/Jetstar(関西国際空港⇒シドニー)
  2. ワーキングホリデービザ費用:440AUD(38,000円)
  3. 学費3ヶ月:19万円
  4. 到着後のバックパッカーズ10泊:42,833円

現在合計金額31万円!(当時の貯金額40万円ちょっと)

あとは生活費を持っていって、仕事は弾丸ジャパレス(日本食レストラン)でもやれば何とか乗り切れそう。

やけど、さすがに9万円の現金だけでオーストラリアにいくのはちょっと厳しいし、日本口座0円はほんとにやばい。日本帰国時にお金無かったら餓死する・・・

50万円の予算で考え直そう

ということで、あと10万円だけ貯めて50万円の準備金でオーストラリアワーホリを考え直すことに変更!

10万円だと1ヶ月ちょっとで貯められる!

ということで、最終50万円でオーストラリアワーホリに行くことに決定しました!

  1. 航空券:31,000円/Jetstar(関西国際空港⇒シドニー)
  2. ワーキングホリデービザ費用:440AUD(38,000円
  3. 学費3ヶ月:19万円
  4. 到着後のバックパッカーズ10泊:42,833円
  5. シェアハウスに引っ越し:ボンド金280ドル(家賃:140ドル/週)560ドル/月=47,000円
  6. 食費:80ドル〜100ドル/週くらい(初月で380ドルくらい使った)=32,000円/月

合計380,833円

他にもオーストラリアに来てから、色々地味に使ってるので、42〜43万円くらいはトータルで使っていると思う。

 

結論:50万円あれば学校3ヶ月もいけるし、ワーホリでオーストラリアはいけるってこと

 

オーストラリアにワーホリで来る人って年間1万人いるらしい

日本から毎年1万人ってやばくない!!?

オーストラリアのワーキングホリデー(ワーホリ)は18歳から30歳までの間、簡単にビザ取得できるので、「海外に住みたい!」「海外で働いてみたい!」「語学学校に通ってみたい!」など、海外で生活をスタートさせたい人であれば誰でも取得できるので、人気の渡航先です!

私もオーストラリアに行く前に、友達に色々聞いたんだけど結構大変な思いしてる人も多いね。

 

友達:準備と現地サポートホンマに大事よ。あとでだいたい後悔するよね。

友達2:最初の2,3ヶ月って上手く計画してから行かないと結構無駄になるよね・・・

うち:家関係?バックパッカーズってどうなん?

友達:バックパッカーズは混んでない時は問題ないよね。でもホームステイとかより費用は抑えられるよね。

友達2:ホームステイって実は当たり外れ多いし門限あるし合わない人には合わないかも

うち:そうなんだ。学校って結構通ったほうがいいよね?

友達:〇〇なら3ヶ月くらいは通ったほうがいいんじゃない?仕事できないでw

友達2:学校は友達作りのためにもなるし、学校いったら結構友達もすぐできるし

友達:あんたは絶対学校行ったほうがいい!!!!

うち:はい。知ってます。

 

経験者は語る!って感じ。

結局、オーストラリアの英語環境で仕事して、稼いで、将来のキャリアのことを考えて生活しないと、ワーホリなんて1年後何も身についてないよね(笑)

ワーキングホリデー = ホリデー(休暇)みたいになっちゃってる感じだよねw

ワーホリ経験者は語ってきた「ワーホリ前半で英語は詰め込んだほうがいい」

語学学校にもある程度通わないとほんとに友達できないし、まず会話が成り立たない!

語学学校はある程度英語話せるようになる為と友達作りで通ったほうがいい(予算に余裕のある人はワーキングホリデービザなら17週間まで語学学校に通えるのでオススメ)

日本に居る時から月1万円とかでスカイプ英会話したり、準備もしたほうがいいと思いました(反省)

ワーホリ経験者は語って来た「エージェントは無料のとこでいい」

日本にいた時に日本にあるオーストラリア留学エージェントに問い合わせしたんだけど、基本的に日本にエージェントがあってもオーストラリア現地にオフィスが無いのであまり意味ないと思ったのと(実際にオーストラリアに渡航してから1回も日本のエージェントと連絡とってないって友達も言ってたし)、お手続きとか無料でやってくれるとこで良いと思う。ちなみに私が使ったとこはオーストラリア留学.net

ビザ申請も学校の手続きも全部無料だし、現地サポートもしてくれたし十分!

ワーホリ経験者は語って来た「現地でお仕事見つけるのが1番大変」

こちらも結局[費用]に関わってくることになるのですが、渡航するまでに80万、100万円と結構な大金を支払ってオーストラリアにワーホリに来たのはいいけど、語学学校に通いながら”条件のいいお仕事”を探すのは至難の業。というか、ほとんど不可能です。

だいたい、ジャパレス(日本食レストラン)かファームなどでセカンドビザを取得する理由で働くとか、現実そんなもん。

ワーホリ費用を抑えて現地で楽しむポイント

まずは費用を極限まで抑えて渡航費用を安くすること!学費航空券滞在費(家賃)の3つが大きなポイントだと思う。エージェントは無料のとこを使えばOK!

シェアハウスと仕事はオーストラリア着いてからの最重要事項!

オーストラリアで楽しむためには、オーストラリアでのお仕事(アルバイト)住むところ(シェアハウス)、がしっかりしていないと正直生活がグダグダになって大変!!

最後にワーホリの費用を改めてまとめ

事前に用意しなければいけない費用とリストを掲載しておきますので、下記参考にしてください

ビザ申請440$ 38,000円
航空券(LCC) 1万円〜3.5万円(片道)
語学学校(1ヶ月) 8〜10万円/月くらい
滞在費 家賃
シェアハウス 4万〜5万円/月
ホームステイ 8万〜10万円/月
現地生活費
食費/交通費 3万円〜/月
交際費(遊び代) 人それぞれ
海外保険 6万円〜/年間

 

エリア

カテゴリー

タグ一覧