香港へ

3月9日この日は忘れることはないでしょう。

私は日本の広島空港から香港への飛行機に乗ろうとしていた。

人生では2回目の香港への渡航だが、大学生の時とはわけが違う。

大学生の2年生の時にアルバイト先の出張(自腹)でバイト先の会社の社長について行ってから4年、

今回は香港のワーホリを利用して、1年間腰を据えて香港に滞在しようとしているのだから。

 

香港に来るまでの間

大学生当時は、英語も喋れなかったし(今もそんなに喋れないが)、社会人というものがどんなものかも知らなかった。

そしてめちゃくちゃお腹が弱かったので、ずっと滞在中はお腹を壊していたのもいい思い出です。(笑)

商談に参加し、会議室でパソコンを前に偉そうに構えてみたものの、隣でプレゼンしていた香港人の友達と先輩を見て私はものすごく焦理ました。

そこから2年間その会社で社内のWEBプログラマとして仕事をし、新卒で日本のシンクタンクでSEになりました。

私はファイナンスとITが好きだったので、金融系のシステムが作れる会社に入社したが、目的は別で、日本の大きな企業で働くとはどういうことなのか、社会人の基礎を身につけるためにその会社に入社しました。

しかし日々の業務と先の見えない残業(ちゃんと残業代が出ていたのが唯一の救い)で疲弊していた私はいたずらに時間が過ぎていることに気づきました。

常に問いかけるようにしていたが、気づけば2年目、後輩もできたし、自分はこの会社でずっと働くのかと改めて問い直したが答えは「No」でした。

 

過去の話は、また詳しく話すとして、話を元に戻すと、

香港に到着

広島空港から4時間強で香港国際空港に到着。

久しぶりの飛行機だったが、ヨーロッパに旅行に行くことが多かった私からしたら4時間は余裕。

東京から地元に帰るのでも4時間半かかるので、香港と日本の距離は近いんだなあと感じつつ、滞在先の家へ。

香港のタクシーは初乗り22HKD〜とものすごく安いが、タクシーを使うのは勿体無いという理由と個人的にここでオクトパスカードというものを使ってみたいという理由で、今回はオクトパスカードを購入してバスで行くことに、一度やったことがあったので特につまずくことはなくすんなり茘枝角駅に到着。

今日から私の家は茘枝角かと改めてしみじみ感じながら近所を散歩して夕食を早速ローカルのレストランで食べました。

飲食街のようなところが近所にあり、夜も賑やかだ。

ただ、一番驚いたのは、ローカルのレストランでもお腹を壊さなくなっていたことです。(笑)

香港でのワーキングホリデーが今日から始まる!

エリア

カテゴリー

タグ一覧