2010年01月03日(サイパン4日目)。

サイパン最終日!
フィエスタリゾート&スパのプールで南国気分を満喫した後、ホテルに戻りピッキング。
帰り支度も済んだ所でサイパン最後の食事をとガラパンへ。

全然徒歩圏内なのですがなんとなくサイパンの街並みを自転車で駆け巡りたかったのでホテルで自転車を借りました。

ホリデイサイパンリゾートのレンタサイクル

ではガラパンへGo!

や~スクーターも良いですが自転車も爽快ですね~で、漕ぐ事、5分以内。
目的日に速攻で到着しました。

ココナツ亭

1989年創業のここココナツ亭。
自慢のアンガスビーフのステーキから地魚のお刺身や料理、また和食全般等幅広いメニューで観光客から地元ローカルの方まで幅広い人気のレストランです。

本日の釣りたて魚(カツオ、マグロ、シーラ)

魚の欄にステーキが記入している事はさて置き地魚料理もおいしそう。
と、ホワイトボードを横目にレッツココナツ亭。

入店し右側の席に着席。
昨年もここに座りました。

さて、何を食べようか。

ココナツ亭のメニューその1

ココナツ亭のメニューその2

やはりここはアンガスビーフのステーキをメインに野菜物とオムレツと行きましょう!

まずはバドワイザーで乾杯!

サイパンもいよいよ終わりかと若干しんみりしながらバドワイザーを傾けます。

程無くして料理が到着。
のはずが…

注文した覚えが無い白菜のサラダ?

トップバッターは意表をついた白菜のサラダらしきメニューが到着。
なんでもオーダーミスだったようで食べていいよ~って事でしたので遠慮なく頂きます。

生で白菜を食べる事ってあんまり無くて慣れてないのですがこれが中々どうして美味しいじゃないですか!
白菜のしゃきしゃきとサウザンアイランド的なドレッシングのコンビネーションが中々です。

気を取り直して本来注文したメニューの登場!

空心菜のガーリックソテー

日本で食べると無駄に高い空心菜もココナツ亭なら安心価格で嬉しいです。
しゃきしゃき感を失わない程度に火が通り少し濃いめの味付けはとてもビールに合います。
うまし!

サイパン風オムレツ

何をもってしてサイパン風なのか全く解りませんがウインナーやホウレンソウが入った食べ応え有るオムレツにケチャップとマヨネーズがかかっています。
若干オイリーな感じですが南国にはこれ位が丁度良いかもって感じの味です。
素朴でとても美味しいオムレツです。

そして真打登場!

アンガスビーフのリブ・アイ ステーキ(ハーフ)

熱々に熱された鉄板に乗って登場です!
付け合わせには茄子のソテーとジャガイモ。
じゃがいもには何故か万能ねぎが乗っていて一気に親近感を感じます。

表面はしっかりと焼かれているの対し中は良い感じのレアっぷり!
僕的にベスト!としか言いようのない焼き具合です!

で、肝心の味の方も何というかエクセレント!

赤み部分何も関わらず驚くほど柔らかい!かといって脂っこい訳ではなく純粋にお肉の味を味わっている俺!って感じです。
ソースも甘い訳ではなく何処となく醤油っぽい感じでこれまた好み!
いう事ないです。
付け合わせの茄子のソテーは肉汁吸いまくりで美味しくないわけが有りません!
そしてこのジャガイモも驚くほどホクホク!てかホックホク。マヨネーズと万能ねぎがとても良い仕事をしています。

アレヨアレヨと言う間に食べてしまい御馳走様でした。

いや~本当に大満足なサイパンラスト食事でした。

ココナツ亭さん!来年も絶対来るからね~って感じです。

てことで愛すべきガラパンの街を名残惜しみながらホテルに戻ります。

レッツ・ゴー!ホリデー1号2号!

帰り道にて

キンパチストアーでアイスクリームを購入。
自家製って訳では無さそうなんですがここのアイスがおいしんですよ!

コーヒー味をチョイス。

そして4日間で見慣れてきた景色を横目にホテルへと。

地元ローカル向けの果物屋さん

ISLAND CAR WASH

ホテルの隣の民家

ひとつひとつの風景を噛みしめる様に眺めながら…

ホテルに到着。

到着した時にはすでに混載バスが到着していました。
アブナイアブナイ!

フロントに預けておいた荷物を受け取り混載バスへ!

4日間お世話になったホテルを後にします。
ああ寂しい。

そんなこんなでサイパン国際空港へ向かいます!

エリア

カテゴリー

タグ一覧