シドニーでRSAを取得しました。

初めのRASのコース受講編はこちらの記事からどうぞ。

RSAのコース受講が終了したら、その場で仮の証明書を発行してくれます。

次は、その仮証明書(バーコード付きのPDFデータ2枚分の資料)を持って

サービスセンターで写真付きのフォトカード発行の手続きをしてもらいます。

 

サービスセンターとは

サービスセンターとは、日本でいう町役場、市役所みたいな場所です。

各地に点在していて、Web上で簡単に最寄りのサービスセンターが検索できるので、とっても便利!

サービスセンターに入ると、受付機があって、自分の必要なサービスを選ぶことができます。

私がサービスセンターに行ったときは、この受付機を使ってRSAと打ち込んで。。。と

自力で頑張ってたら、コンシェルジュみたいなおじさんが来て、助けてくれました!笑

どのサービスセンターにもだいたいこのコンシェルジュみたいな人が入口付近に立ってるので、

はじめての方でも安心です!!

申請前の準備

このサービスセンターに行く前に、事前準備をしておきましょう!

① 自宅近くのサービスセンターを検索して

②申請に必要な身分証明書の確認をする

これでOKです。追加費用もかかりませんので。

ただし、仮証明書、有効期限があるので、90日以内に写真付きの正式なフォトカードに

切り替えをしないと、せっかく6時間もかけて取ったのに無効になってしまうので、できるだけ

早く切り替えをしましょう!!

まず、下記のサイトから最寄りのサービスセンターを探します。

∟ 1番近くのサービスセンターを見つけてGo!
グラフィックス1
画像の矢印のところに自分の住む地域の郵便番号を入れると、最寄りのサービスセンターが表示
されます。
グラフィックス2
私の住む地域には徒歩15分圏内の場所だけでも3か所もありました。
近くのサービスセンターをチェックしたら、次は当日持っていく”身分証明書”の準備をしましょう!

身分証のチェック

passport-315266_1280

 

 

正式な証明書としてフォトカードを発行してもらうためには、身分証明のために100ポイント分の

証明になるアイテムを持っていかなくてはなりません!

100 POINT IDENTIFICATION CHECK @ AUSTRALIA POST

参考資料はコチラ

http://www.eaussie.com.au/images/pdf/Aussie100PointForm.pdf

パスポートだけだと70ポイントです。

その他、

◆英訳付き住民票の原本:70ポイント

◆オーストラリアの運転免許証:40ポイント

◆写真付きの学生証、健康保険証、メディケアカード:各25ポイント

◆オーストラリアのデビッドカード、クレジットカードなど:各25ポイント

といったものです。

ちなみに、私の場合はパスポートとクレジットカード2枚で大丈夫でした。

パスポートを持っていく方は、残りの30ポイント分の証明になるものを選んで持参してください!

申請はパッと終わります。100ポイント証明が終わったらその場で写真を取って終了。

3週間以内に、登録した住所まで郵送で送ってくれます!!!

RSAの全ての行程これで終了です。

簡単!!

カードが届けば、あなたもやっとRSA保持者!!

お仕事探しもきっと選択肢が広がるはず!

シドニーでRSAを取得される方は是非参考にしてみて下さい。

エリア

カテゴリー

タグ一覧