さて、質問です!

Q,「ワーキングホリデー」っていったいオーストラリアで何ができるのでしょうか?

留学となにが違うの? 働かないといけないの? ホリデーなの? 休暇?

そんなあなたの疑問に具体的にワーキングホリデーで渡航している人が何をしていてどれだけ楽しい制度なのか、魅力をお伝えいたしますね!

これであなたも、やっと憧れの海外生活を!

そもそもワーキングホリデーって何?

「ワーキングホリデー」略して「ワーホリ」と呼ばれるこの制度。

Google先生によると

“二つの国・地域間の取り決め等に基づき,各々の国・地域が,相手国・地域の青少年に対して自国・地域の文化や一般的な生活様式を理解する機会を提供するため

。。

。。。(*_*;

こんな感じで難しくて、「???」ですが・・・

要するに

若い人たちが、「学ぶ」「働く」「暮らす」のすべてを海外で体験できる!

ってことです。夢のような制度なんです。

ワーキングホリデーで行ける国ってどこ?

2016年4月現在、日本人である私たちは、

オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、韓国、フランス、ドイツ、イギリス、アイルランド、デンマーク、中華民国(台湾)、香港、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、スロバキア

なんと15か国も選択肢があるんです!

今回は人気の3か国をピックアップしますね!

ワーキングホリデー人気3か国の魅力って?

1.オーストラリア

liveinaustralia02

一番人気は、なんといってもオーストラリア!

なんと、年間1万人以上の日本人がこの夢の制度でオーストラリアを訪れています。

これは日本のワーキングホリデー利用者の約半数!!すごっ!!

ビザの取得も簡単、気候も温暖で寒くない、人もゆったり~と、住みやすいのが魅力です!

お仕事をする人は、日本よりもお給料がいいのも魅力のひとつ!

2016年4月現在、シドニーの最低賃金はAU$17.3=約1600円!!!

真夏のクリスマス、ビーチでBBQ、グレートバリアリーフでスキューバダイビング…….こんな夢のような生活も、ワーキングホリデーを利用すれば、現実に♪♪

なんと言ってもライフスタイルが日本と全然違う!

日本を一歩出るとどこの国でも文化や生活習慣が違うのは当たり前ですが、日本とオーストラリアは究極までに対局のような気がします。

日本でOLをしていた私のイメージだと(勝手なイメージですみません笑)

  • (AUS)慌てない、急がない、のんびりしているw ⇔(JPY)ガサガサ、バタバタ、時間に追われてる
  • (AUS)昼休みからオフィス街でもみんなビール ⇔(JPY)仕事に追われてコンビニでおにぎり
  • (AUS)残業はしない時間ぴったりに退社 ⇔(JPY)残業なしで帰宅とか変に気まずいから少し残る
  • (AUS)週末のBBQを楽しみに1週間乗り越える ⇔(JPY)週末はゆっくり寝よう〜(人にもよりますがw)

オーストラリアはグローバルな環境で世界中から留学生も来ているので、沢山の国の友達もできてオーストラリアのリゾート的な環境で英語も働きながら習得できるので最高♪♪

経験者からすると、ワーキングホリデーならオーストラリアが1番オススメです♪

オーストラリアワーキングホリデーのお手伝いをしています

オーストラリア到着後に待ち受けているお仕事探し・シェアハウス探し・その他生活サポートなど、日本人がオーストラリアで局面する課題点を全てサポートいたします!

オーストラリアワーキングホリデーのお問合わせ、ご相談はお気軽に!

2.カナダ

オーストラリアについで2番目に渡航者数が多いカナダ。

気候は非常に寒いけど、自然いっぱいで人も暖かい!

そして、特徴のあるオーストラリア英語に比べ、聞き取りやすい英語も魅力!

(なまりって言っても、英語が話せなければあまり関係ありませんが….笑)

そして、カナダでは、英語だけではなく、フランス語圏の地域もあるので、英語もフランス語も

勉強できちゃいます!その他、アメリカにすぐ行けちゃうのも大きなポイントですね★

3.イギリス

ヨーロッパでも人気の国、イギリス!

イギリスへのワーホリという名の夢のチケットを手にできるのは、なんと年間1000人程度と狭き門。

倍率は5~10倍と言われています。

一方で、運よくビザを取得できれば2年間の滞在が可能!

お天気はあまりすぐれませんが、憧れのまち、ロンドン、ファッションやブリティッシュ英語に

触れたい方にはもってこいですね!そして、カナダ同様、ヨーロッパ旅行に行けるのも魅力!

ただ、EU離脱が決定したため、今後どうなるか分かりませんが。。。


夢のチケット(ワーキングホリデービザ)をゲットしたら?

ワーキングホリデーでこんなことができちゃいます!

夢のチケット、ワーキングホリデービザをゲットしたら、さっそく「学ぶ」「働く」「暮らす」を思う存分たのしみましょう!! 楽しめてこそ、ワーキングホリデーです!

「学ぶ」

実は、このワーキングホリデービザを使って、留学することができるんです!

ワーキングホリデー人気No.1のオーストラリアは、教育水準が非常に高く、語学学校も充実。

せっかく海外に1年間住むことができるのであれば、英語が話せたほうが断然楽しいですよね?

ワーキングホリデーを利用する多くの人が、最初の数ヶ月間は語学学校などに通って英語力をつけると同時に友達もたくさん作っています。

また、人気1位のオーストラリアでは、学校といっても、英語だけではありません!

カフェ文化のさかんなオーストラリアでは、なんとバリスタの資格や、世界有数のビーチが数多くある

オーストラリアならではのサーフィンやダイビングなどを勉強できるコースまで様々!

オーストラリアがなぜワーキングホリデーで人気か分かりますね!

オーストラリアワーホリ総合サポートではオーストラリアでの学校のご手配も行っております。

オーストラリアでの学校探しについてのお問合わせもお気軽にご連絡ください!

「働く」

学校にも行って、ちょっと英語にも自信がついてきた!という方は、滞在先でお仕事にチャレンジしてみるのもオススメ!

またもや、ワーキングホリデー人気No.1オーストラリアの情報になりますが、

オーストラリアは何といっても給与水準が高い!最低賃金が$17.3(約1600円 2016.4月時点)

アルバイトで1日8時間、週5日働くだけでも約256,000円稼げちゃうかも?

貯めたお金を使って、渡航先の国を周ってみるのもいいですね!

オーストラリアワーホリ総合サポートではオーストラリアでのお仕事のご手配も行っております。

オーストラリアでのお仕事探しについてのお問合わせもお気軽にご連絡ください!

「暮らす」

またもや人気No.1オーストラリアの情報ですが、このオーストラリアでは、日本に比べて住まいを探すのがとっても簡単!!

特に多くの人が利用するのが、シェアハウス!多国籍の人たちと共同生活をすることで、日常英語にも触れられ、友達ができやすいのが魅力!

日本では家を借りるのに敷金・礼金数ヶ月分と、初期費用がやたらとかかりますが、オーストラリアではお給料や家賃の支払いなどが基本的に週単位なので、初期費用をぐんと抑えることができます。

オーストラリアワーホリ総合サポートではオーストラリアでのシェアハウスのご手配も行っております。

オーストラリアでのシェアハウスについてのお問合わせもお気軽にご連絡ください!

最後に

人気No.1のオーストラリアの情報量が多くなりましたが、この私こそがオーストラリアに滞在しているので、全部ホント!

ワーキングホリデーで経験できるこの「学ぶ」「働く」「暮らす」をすべてやりこなさないのはもったいない!!

限られた期間でしか利用できないこの夢のチケット「ワーキングホリデービザ」あなたもぜひゲットしてみてください。

 

エリア

カテゴリー

タグ一覧