英語を話せる様になる為にはどのように勉強したら良いのか?

効率的な英語の勉強方法はありますか?という質問が今までもたくさん頂く機会もあって、私がやってきたこと、そして現在も続けている3つの方法を紹介出来ればと思います。英語勉強方法って本当に沢山あるよね・・・・【*下記に日本人/オーストラリア人/イギリス人の自己紹介ボイスレコードあり】

Group Of Friends Enjoying Drink At Outdoor Rooftop Bar

本気で英語を話せるようになりたいなら4000時間

今まで2年と半年という期間で4000時間以上は英語の勉強と英語環境に身を置くことに時間を費やしてきた経験から、沢山の失敗と様々な英語勉強方法を試してきた経験から、英語が1番早く身に付く勉強方法をご紹介できればと思います。英語の難しい文章を読めるようになるとか、英語ライティング能力を上げたい方というよりかは、

英語スピーキング能力を伸ばしたい方、とにかく話せるようになりたい方

は、是非一読して頂ければと思います。今まで、何度も挫けて、挫折して、諦めかけた事もありましたが、経験をもとに1番、英語話せるようになったと感じた、英語スピーキング能力が上がったなと実感出来た英語勉強方法をご紹介します。

机に向かって参考本をひらいている人は直ちに閉じましょう。

勉強方法は、ゴールに到達するまでの戦略と手段です。ここでは、英語を話せるようになるための勉強方法に絞って綴ります。

そもそも論ですが、英語を話せるようになりたいのに、口を閉じながら参考書を開けて勉強していても英語話せるようになる訳がありませんよね!私も昔はよく勘違いしていましたが、英語を話せるようになりたいのに、机に向かって参考書を読んで何かカキカキする毎日を過ごしていた時期があります。無駄な時間だったと後悔することもありました。英語が話せるようになる効率的な勉強方法は3つの大事なポイントがあります。

ポイント1. 勘違いを正し、How are you?から。

ポイント1はスピーキングを伸ばしたいのに、ライティングの勉強してた。この勘違いをまず、意識しなければ、と思います。英語を話せる様になりたいのに、机に向かっていて単語覚えて話せる様になるわけないです。会話に使うわけでもない英単語を必死に覚えて、会話に出て来ることもない文法を覚えて。新しい言語を覚えている赤ん坊は、机に向かって勉強なんかしていません。みんなの言っている事を聞いて、真似して、口に出して、ぎゃーぎゃー言うとります。

では具体的に何をするか?

まず、自分が英語を話す機会をイメージして下さい。

友達に会った時 / 仕事で / 面接で / 英語で自己紹介/・・・・・・・色々想像出来きますね。その場面場面でそのような会話になるかイメージしながら構文を頭で想像し、口に出してみる!

“道で友達に会った時”をシュミレーションしてみます。

Hey my boy!!(よ!)

Hey mate!  How are you?(よ!調子どう?)

Nothing much and you?(まあまあ、オマエは?)

Good,thanks!what are you doing here ?(絶好調やで、てか今何してんの?)

I’m just heading home bro,I’ve been busy these days so needa take a nap man(家帰っているとこやわ,最近忙しくてさ、昼寝でもしよかなって)

Ahhh, I see. Have a good time bro! take care(そうなんや。じゃあな)

See ya! take it easy!(じゃあまたな)

まずはこんな簡単なやり取りを”発音”重視してスラスラ言えるように。

海外に住んでいると上記のような「How are you?」から始まるやり取りは1日に何回もします。基本的な会話の流れを話せる様に何回も復唱し、一連の基本的な会話の流れを習得して下さい。上の会話のやりとり、直ちに10回復唱してみて下さい。そうすると気付きます。こんな簡単な挨拶もスラスラ言えないやん。って。読んでスラスラ言えないのに、道で会った人にその場でスラスラ話せる訳ありません。

「How are you?」 の一連の流れを恥じずにマスターする。

海外に住んでいると、店で買い物してても、友達にあっても、マンションのレセプションの前通っただけでも、とりあえず、「How are you?」「How’s it going?」から始まりますよね。

本当に、これにきっちり返事できてますか?

とっさに、ニコッと笑顔かえしてませんか?Yes!!!とか意味不明なこと言ってませんか?まずは、この基本的なことから、英語の口を開く習慣を作る事から始めるのが良いと思います。「How are you?」に対して、絶対返事をしていくことから始めましょう。(お店でも、仕事場でも、どこでも)How are you?に対する自分が良く使う言い回しをちょっと載せておきます。

  • All good thank you and you?
  • pretty good!! and you?
  • I’m fine thank you and you?
  • I’m fine thank you and you?
  • I’m great and you?
  • How are you?  (How are you にHow are you を返してもいいですよ。)
  • Good’day mate!!How’s it going?
  • Not bad〜 and You?

大事なコトは、少しでも英語を話し始めること。

英語会話の内容自体は何も大したことはないですが、英語を話始める、話す事に慣れる、英語を話している実感をする。これは非常に大事です。これを勧める理由がもう一つあって、「恥を捨てる」為です。

自分から積極的に声かけて、話せない、から話さない話せない、けど話すに意識を変えていく事が、英語を話せるようになる重要な要素だと思います。だから、今日からは色んな人から言われる「How are you?」に対してしっかり返事し、自分からも色んな人に英語で返答していきましょう!

働き稼ぎながら英語を勉強できるオーストラリアでのワーキングホリデーも年間1万人の日本人渡航者がいるのも事実です!

関連記事はコチラ:

ポイント2. 独り言スピーキング練習 /レコーディング

ポイント2は実際に英語を話せるようになる為の勉強方法です。まずは独り言スピーキング練習の勉強方法ですが、お題を決めていきなり英語で説明してみて下さい。

  • 日本の文化について
  • 東京の街は
  • 好きな男性/女性のタイプは
  • 自己紹介  etc….

まず、実際に声に出して話してみることが大事です。もちろん1人でもブツブツ言う感じでOKです!誰かに聞いてもらっても良いと思いますが、基本的には1人で壁に向かってでも、大空に向かってでも、オカンに向かってでも、英語口に出して練習してみて下さい。できればそれをボイスレコーダーに録音してチェックしてみて下さい。

実際に日本人の英語練習ボイスレコーダーを紹介しましょう!!

このボイスはシドニーに住んでいる英語勉強中の日本人とオーストラリア人とUKと3人のボイスレコーダーです。実際に話しているのを自分で確認すると思っているよりもスラスラ話せてなかったり、発音が気持ち悪かったりするもので、チェックするのはいい方法です。ネイティブスピーカーと比べてみてもいいかもですね!

・日本人 自己紹介のボイスレコーダー

 

・オーストラリア人の自己紹介ボイスレコーダー

 

・UKの自己紹介ボイスレコーダー

 

ポイント3. 「映画を見ると英語伸びるよ」というアドバイスを鵜呑みにしない

英語を話せる人がよく口を揃えて言う、「映画みてたら話せるようになった〜」、「映画のサブタイトルを英語にして〜」とか、これは嘘でしょ。てか無理でしょ。映画見て英語話せるようになるわけないし、だいたい2、3回見たら飽きて終わりーってね。その後に、頭に残っている事は、その映画が素晴らしかった。ということだけ。

でも、私も実はやっていました。というか、このやり方に自分がハマったというのが正解でしょうか。ただ見るだけではもちろんいい勉強方法になり得ませんが。英語の勉強方法の中で1番楽しく続けられたのが映画ですね。私が選んだ映画は

Fast & Furious (日文=ワイルドスピード)

Fast-Furious-6

私はfast&furiousが大好きすぎて・・・・

1〜7まで全て合計すると、再生回数にして500回は越えていると思います。笑ここまで見てると、全ての役者が台詞を言う前に、次何を言うか分かります。w日頃使う英語も、fast&furiousから頂戴した単語もフレーズも山ほどです。言い方も、発音も、できるだけ本人に寄せて出来るだけ一緒のスピード言うようにして完全にパクる。英語のシャドーイングです。その人が言っているように、テンションも言い方も発音も、全てそのまま完コピ!

注意点は・・・

本当に本当に本当に自分が大好きな映画を選んで下さい。でないと楽しく、何十回も同じ映画を見れないですからね。w 「Fast&Furious」ってそもそも選ぶ映画合ってる?って疑問持つ方もいらっしゃると思いますが。それを言われると、確かにその通りで、もっと日常的なラブストーリーとか、仕事をテーマにした映画とかの方が効果的だと思います。

いろんなセンテンスを映画からパクる!

カッコいいセンテンスはそのまま日常に使えるようにパクるパクる!

fast&furious 6で主人公のドムが

「The most important thing in life will always be the people right here, right now.」
「人生で1番大切なことは、今ここにいるみんな。この瞬間なんだ。」

というシーンがあります。日常使いませんね。w

でもお酒飲む場で冗談まじりで話してみると、「Fast&Furious!!」って大阪人ばりのツッコミをもらえます。有名なフレーズなので知っている人は知ってるんですね。

最近の、fast&furious 7からでいうと、

「Just when you think it couldn’t get any better huh? 」

「これ考えた時もっと良い案なかったんかよ?」※動画の1分34秒辺りです。

もちろん日常にfast&furiousの大半を占める、スゲーアクションシーンなんか全然ないですが、日常の使える英語単語もフレーズも内容には沢山あるので、私はこれからも再生回数を重ねて、暗記度を高めていくと思います。楽しく続けられる英語勉強方法でないと意味が無いと継続が難しいので。

英語のスピーキングの上達が早い人に共通している勉強方法は

机に向かって、ペンを持ってなくてもいいんです。ノートも要らないです。一人でもいい。周りから気持ち悪がられてもいい。w英語を声に出すように勉強方法をシフトしていくと良いと思います。

エリア

カテゴリー

タグ一覧