高額な費用にならないようにコストカットしてワーホリへ!!

毎年2万人弱の日本人がオーストラリアへ

10,000人/年の日本人がワーキングホリデー(通称:ワーホリ)でオーストラリアの温暖な気候とグローバルな環境で新しく海外生活をスタートします。

オーストラリアへのワーホリ渡航者だけでも、1ヶ月900人も渡航しているんですね!!(凄い数!!)

オーストラリアへの留学生(学生ビザ)渡航者も8,000人/年くらいいるわけです。

留学やワーホリで渡航する際に留学エージェント使いますが、

学費からサポート費用、申込み費用まで様々な請求項目がエージェントによってあり、実は安くていけたのに払いすぎていた!みたいな事にならないように綴っておきます。

大学を休学したり、仕事を辞めたり、親の反対を説得して大きな決断をしてオーストラリアにいらっしゃる人がほとんどです。それなのに、結局無駄な時間を過ごして英語も成長せず、お金も貯まらず

「あれ?何しに来たんかな?」「もうすぐ1年経つけど日本人の友達しかいないな…」

ってならないように、準備期間(日本〜オーストラリア到着後)が非常に大事なんです。

実際にワーホリや、語学留学でオーストラリアに来ている日本人の悩みは深かったりしますが、ほとんどみんな同じような内容で悩んでいます。

私もワーホリ経験者なので体験済みなのですが・・・

不幸にも日本にあるエージェンシーに80万円100万円以上もの高額な費用を払ってオーストラリアに来たのに・・・「今思うと完全にぼったくられたな。。」ってことがあります。

暴露記事:「あなたぼったくられてますよ?」留学エージェントからの不明請求を全て暴露

実際コストカットできるポイントは?

まずはじめに、一言!

オーストラリアへのワーホリ渡航は30万円台から渡航できます!

(詳しくはこちら:【30万円で十分!?】オーストラリアのワーホリに格安でいく方法 

ある程度英語が話せて、語学学校に行く必要のない方は30万円台から渡航できます。

特に費用が掛かるのは、

  1. 航空券代(エージェント指定の航空会社使わないといけないとかの場合)
  2. 海外保険(エージェント指定の保険会社使わないといけないとかの場合)
  3. ホームステイ代(半強制的にホームステイを押し売りされる場合)
  4. 語学学校の学費(ピンからキリまでありますが)
  5. 謎のエージェントサポート費用

(1) 航空券は格安航空のLCCで十分!

Jetstar(ジェットスター) やAirAsia(エアアジア)などのLCC(格安航空)で片道オーストラリア行きを取得すれば2〜3万円程度で航空券は取得できます。寝ていれば長距離移動もOKですw

(2) 海外保険は自分で選ぼう!

海外保険に20万円〜30万円なんて高すぎる!6万円〜10万円くらいの保険でも十分にカバーできるものが沢山あります。強制的に保険加入をマストにしてくる留学会社は辞めておきましょう。

(3) ホームステイ費用は高めなんです。

ホームステイは非常にいい機会で、人生で1度はやっておいてもいいと思います。ただ、費用が十分にないのに他を切り詰めてまでホームステイに12,3万円も支払って本来なら学費に当てられる費用が家賃に消えてくのであれば、元も子もない気がします。

学生寮やバックパッカーズ⇒シェアハウスで宿泊費を抑えよう。

(4) 語学学校の学費はピンからキリまである

3ヶ月20万円くらいで通える学校から、3ヶ月60万円以上かかる学校もあったりします。安かろう悪かろうになってしまうと良くないので、学校の質や学費については留学エージェンシーに聞きながら、予算と学校の質を見極めながら選定されると良いと思います。

(5) 謎のサポート費用「プログラムお申込金」という謎の10万円

そんな感じの謎の項目、今あなたのお見積書の中にありませんか?

「お手続き費用」「ビザ申請費用」「通信費用」「サポートパッケージ」とかもあるみたいです。

無料エージェントと謳っていながら全然無料でも何でもないエージェントも日本には多いみたいなので要注意です!

お手続き&現地サポート無料のエージェント:口コミ評判の高い無料留学エージェントbest10

渡航までの必要費用を洗い出すと「格安」で渡航できる

実際にオーストラリアにワーホリで渡航するのに、何にどれくらいの費用がかるかというと、

  1. ビザ申請費用 4万円(AU440$)
  2. 航空券 4万円 /片道(LCCなどの格安航空)
  3. 家賃 5万円(600$/月 (シェアハウスだと150$/週)) ※初月1ヶ月分
  4. 生活費 5万円(食費)※初月1ヶ月分
  5. 語学学校10万円/月(学校によって多少の前後はあります)
  6. 海外保険8万円〜※クレジットカードに付帯されている保険でカバーされる場合は0円

▼お役立ち記事

オーストラリア到着後、現地で無駄なコストを避ける

後は、オーストラリア到着後に無駄な費用を避けて行動していけば、無駄な時間も費用も掛からずに済むかと思います。

そのためには、やはり無料エージェントを使って渡航前〜到着後1〜2ヶ月くらいのプランニングはしっかり計画しておくべきでしょう。

(1) シェアハウスが見つけられずホテル宿泊で支出

これは最悪の状況です。ホームステイ退出時(1ヶ月間)までに次に入居するシェアハウスを見つけておかなければいけません。シェアハウスが見つからず、しょうがなくホテルを数日予約するなんて事態になったらお金がいくらあっても足りません。筆者の実体験です(泣)

(2) 日本人コミュニティーの無駄な飲み会

無駄とか言ってすみません。でもワーホリ、留学で折角オーストラリアに来てるのに英語話せないからって日本人コミュニティーに属してたら結局何も英語も成長しないでしょう?結局毎日集まって、外食してたら結構な金額になります。

(3) スマホのSimカード契約について

SIMカードの契約なんて、エージェントや業者使う必要なんて全くありません。シムフリーのスマートフォンを持ってOptusやTelestraのお店に行って「プリペイドSIMカード下さい!」で完了です。携帯代なんて4,000円〜6,000円/月で収まります。

 

 

オーストラリアに来ると意外と問題が多発するんですよ。

勿論知らない国オーストラリアに渡航して、スムーズに何の問題もなく現地生活に馴染めるわけがありません。

  • SIMカードの契約間違った。
  • 家にゴキブリやベットバクが大量発生して突然退去しなくてはいけなくなった。
  • 銀行口座がなかなか解説できない。
  • 宿泊先の枕が臭いから買い換える。
  • 仕事が見つからない。
  • シェアハウスのボンドが返ってこない。
  • バックパッカーズの8人部屋に泊まってたら財布盗まれた。

などなど。(半分くらい体験済み)その度に色んな雑費が掛かるわけです。多少資金的には余裕をもってオーストラリアに渡航される方が良いかと思います。本当に何があるかわからないので・・・

現地生活の事を結構相談に乗ってくれる担当に出会おう

オーストラリア到着後も継続して留学エージェンシーの担当スタッフがLINEやメール、電話、またオフィスで直接サポートしてくれる方が安心で安全だと思います!

 

費用を抑えるためには出来るだけ、オーストラリア現地での想定外な事件(と支出)を減らすために、綿密にオーストラリア現地エージェントとスケジューリング等進めるべき。

あとは渡航後2〜3ヶ月くらいのプランは既に決めてから渡航すべきですね。無駄なコストを抑えて素敵なワーキングホリデー&オーストラリア留学になるように祈っています。参考になれば嬉しく思います。

エリア

カテゴリー

タグ一覧