留学&ワーホリ渡航の節約術を大公開!

オーストラリアにワーキングホリデーもしくは留学で渡航する際に1番ネックになってくるポイントはコスト面!

**10~20万円は節約できます!!(マジです)

 

「あと10万あれば語学学校にもう少し通えたのになぁ〜」とか「航空券代高いからまた来年にしようかなぁ〜」なんて、オーストラリアに来てからも良く耳にします。

そんなあなたに役に立つ「オーストラリア渡航前に気を付けるべきワーホリ&留学費用大節約術を公開します!

ワーホリ、留学検討中の人はぜひチェック!

他国留学&ワーホリにも当てはまるかも?

本記事は、オーストラリア留学とワーホリについて絞って述べていますが、ワーホリ渡航人気国のカナダやニュージーランド、香港も同じように当てはめることができると思いますので、ワーホリ渡航しようと考えている方で費用について悩まれている方は、参考にしてみて下さい。

ワーホリでオーストラリア渡航”50万円”もいりません

オーストラリアに来てから良く友達から聞くのが、オーストラリアに来るまでにお金を支払っていたって事!

現地サポート費用とか、ビザ申請費用とか、海外通信費用とか色々払いすぎ!!

極端な話、ワーキングホリデーなら航空券買って、ビザ取って、ホテル取ったらオーストラリアでワーホリスタートできます(笑)

オーストラリア留学&ワーホリでかかる費用は?

オーストラリア留学&ワーホリのコスト計算をする際に必要になってくる指標を全て下記に書き出しました。

重要な項目に関しては全て詳しく節約術を記載していきます。

オーストラリア留学&ワーホリの費用一覧

【ビザ】ワーホリビザ費用450ドル 450ドル=37,350円 程度 *83円/AUD計算 (2018年度)
【ビザ】学生ビザ費用575ドル 575ドル=47,725円 程度 *83円/AUD計算 (2018年度)
【ビザ】観光ビザ費用575ドル 20ドル=1,660円 程度 *83円/AUD計算 (2018年度)
航空券(LCC(格安航空券)) 20,000円〜35,000円程度(片道)(**節約する方法あり)
一般的な航空券 60,000円〜100,000円程度(片道)
家賃(シェアハウス) 40,000〜70,000円 / 1ヶ月
家賃(ホームステイ) 100,000円〜120,000円 / 1ヶ月(**節約する方法あり)
家賃(学生寮) 70,000円〜100,000円 / 1ヶ月(**節約する方法あり)
家賃(バックパッカーズ) 40,000円〜80,000円 / 1ヶ月(**節約する方法あり)
語学学校(1ヶ月) 80,000〜120,000円 / 1ヶ月(**節約する方法あり)
専門学校(1ターム ) 400,000〜700,000円 / 1ターム (1ターム = 6ヶ月)
食費 30,000円〜50,000円 / 1ヶ月(**節約する方法あり)
交通費 5,000円〜10,000円/ 1ヶ月
交際費 10,000円〜(遊び代)
海外保険 80,000円〜 / 1年間(**節約する方法あり)
留学エージェント費用 0円 〜 200,000円 / 回(**節約する方法あり)

オーストラリア渡航を検討する際に上記の費用を基に組み立てしていければ、自分が必要な費用がどれくらいか?概算でも計算できるかと思います。

リストの中に【(**節約する方法あり)】と書いている項目については詳しく節約方法について書いていきますので、塵も積もれば山となるということわざもあるので、少しでも費用削減したい方は御覧ください。

1. オーストラリアのビザ費用について

【ビザ】ワーホリビザ費用450ドル 450ドル=37,350円 程度 *83円/AUD計算 (2018年度)
【ビザ】学生ビザ費用575ドル 575ドル=47,725円 程度 *83円/AUD計算 (2018年度)
【ビザ】観光ビザ費用575ドル 20ドル=1,660円 程度 *83円/AUD計算 (2018年度)

ビザの費用は節約できません。オーストラリア政府が定めている為、誰かが安くしたりセール期間があったりなどは一切ありません。

ただ、円高の時にビザ申請すると少しおトクになるくらいでしょうか?

ビザの費用は一律で年々上がっている傾向にあるので、オーストラリアへの渡航が決まっているのであれば早めに取得しておきましょう!

2. 航空券費用について

航空券は渡航費用を抑える為の重要なポイントの一つです。

航空券(LCC(格安航空券)) 20,000円〜35,000円程度(片道)(**節約する方法あり)
一般的な航空券 60,000円〜100,000円程度(片道)

格安航空会社(LCC)のJetstarAirasiaなどの航空券はJALやANA、Qantas航空の半額以下に抑えられることが可能です。

航空券費用を比較してみました

2018年11月8日【東京⇒シドニー】行きのチケットをJetstarとJALで比較してみました。

Jetstar は大体30,000円〜40,000円代がほとんどになっています。

JAL54,500円〜で一律になっています。

航空券代を節約するという名目で費用を抑えるのであれば、JetstarやAirasiaなどの格安航空券を購入すべきですが、9時間以上のフライトになるので、快適な席や少しでも飛行機乗ってる間の快適さを求めるのであればJALでしょう。

2万円でも節約したい!っていう方はLCC(格安航空)を取得しましょう!

更に、LCCのセール時期を狙うべし!

LCC(格安航空会社)のセール時の航空券は破格の金額になっています。今まで10,000円代で東京成田⇒ゴールドコーストのチケットとかも見たことがあります。(既にオーストラリアに来ていたので来た時既に遅し。って感じでしたが)

クリスマスや正月、その他突然セール通知があったりするのでSNS(ツイッターやFacebook)などはフォローしてセール情報をチェックしておくのも大事です!

Jetstar(ジェットスター)Facebookページ:ジェットスター

Airasia(エアアジア)Facebookページ:エアアジア

3. オーストラリアの家賃について

オーストラリアの家賃についても費用を大きく節約できる重要なポイントになってきます。ホームステイ、学生寮、シェアハウス、バックパッカーズなど、オーストラリア渡航後すぐは色んな滞在方法があるのですが、大体下記のような金額感が平均値になってきます。

家賃(シェアハウス) 40,000〜70,000円 / 1ヶ月
家賃(ホームステイ) 100,000円〜120,000円 / 1ヶ月(**節約する方法あり)
家賃(学生寮) 70,000円〜100,000円 / 1ヶ月(**節約する方法あり)
家賃(バックパッカーズ) 40,000円〜80,000円 / 1ヶ月(**節約する方法あり)

家賃もとことん節約されたい方はバッパー

バックパッカーズやホステルなどで出来るだけ費用を抑えて宿泊されるのが、他のどの選択肢よりも滞在費が安くなります。

オーストラリア渡航後の滞在費を1番抑えるには、バックパッカーズやホステルで2週間程宿泊し、その期間内でシェアハウスの見学(インスペクション)を行い、出来るだけ早くシェアハウスに移っていくように計画されることです。

バックパッカーズでの2週間の宿泊費用を20,000円〜30,000円程度に抑え、その後シェアハウスに入居して、すぐにオーストラリアでの生活基盤を作ることが尚良しです!

一般的なのはホームステイか学生寮

ほとんどのオーストラリア留学生もしくはワーホリでも語学学校に通う方は「ホームステイ」「学生寮」のどちらかに入居される方が多いと思います。

語学学校が管理・推薦してるホームステイや学生寮に到着後の1ヶ月入居するのは安全で安心です。費用がカツカツでなければどちらかでも良いかと思います。

自分に合わないホームステイにあたる可能性もある

ホームステイのリスクはいいファミリーに当たらない事です。ご飯が不味かったり(食文化の違いで口に合わなかったり)、夜遅く帰ったら口論になったり、異国異文化の家族に入って生活するということは双方が理解し合い、ある程度譲歩することが出来て成り立つので、いい思い出ばかりにならない可能性もあるホームステイです。

もしハズレのファミリーに当たってしまい、すでに費用を100,000円以上も払ってしまっていたら最悪です!その点だけ気をつけて決定して下さい!

4. 学費について

学費って語学学校によって、都市によっても相当額変わってくるので要注意です!

学費が1番安い都市はシ◯ニー

オーストラリアの各都市の中で学費が一番安いのは「シドニー」です!シドニーって大都市だから学費って高いんじゃないか?って思う人もいると思うんですが、オーストラリアは田舎や観光地に行けば行くほど学費が高くなっていきます。

参考までに安い順にいくつか都市をピックアップすると、

(安)シドニー メルボルン ゴールドコースト ケアンズ(高)って感じになってます。

なぜ都市部の方が学費は安くなるのか?

シドニーやメルボルンの都市部の方が語学学校の数が多く、シドニーだと30校以上は語学学校があり、専門学校、大学などの教育機関も多く位置しています。もちろん語学学校の競争も激しく、語学学校の学費設定が他都市よりも低く設定していたりします。

更に語学学校のおトクなキャンペーンや学校側も一人でも多くの生徒に来て貰いたい為様々なオプションが用意されていて、郊外や観光都市(ケアンズやパース)で語学学校に通うより生徒にとっては条件がいい場合が多いです。

語学学校の費用やキャンペーンについては留学エージェントに聞いて見て下さい(口コミ評判の高いオーストラリア留学エージェントbest10

学費について比較してみた

シドニーで1番安いと評判の語学学校【Lloyd’s International College(ロイズインターナショナル)】とゴールドコーストの語学学校を比較してみたら結構学費の差があることが分かります。

シドニーの最安値校の語学学校のお見積り

Lloyd’s International Collegeの3ヶ月+ホームステイ1ヶ月のお見積り=330,400円

ゴールドコーストの平均的な語学学校のお見積り

Inforum Educationの3ヶ月+ホームステイ1ヶ月のお見積り=535,700円

な、なんと、その差205,300円!!

都市が変わるだけで、同じ期間(3ヶ月)の学費とホームステイ1ヶ月の費用が20万円も変わるのであれば留学・ワーホリプランもじっくり検討したほうがいいですね。

語学学校選定と都市選定はセットで値段を確認しながら進める

3ヶ月語学学校に通うのに20万円の差が都市の変更によって生まれてくるのであれば、例えばですが語学学校はシドニーなどの学費が安い都市で決めて、語学学校卒業後にゴールドコーストに移動して仕事&ワーキングホリデー生活を満喫する!というように柔軟に移動してみるのも一つの選択肢としてはアリですね!

私もシドニーからブリスベン、メルボルンと1年間で色々移動して、色んな都市で住んだ経験があるので途中での都市移動もオススメですよ!

5. 現地生活費について

まず大前提ですが、オーストラリアの生活費は日本と比較すると高くなるかと思います。大きく分けて家賃食費交通費が現地生活費になると思いますが、オーストラリアに滞在している留学生、ワーキングホリデー渡航者の平均的な支出は下記の通りになると思います。

家賃(シェアハウス) 50,000円〜70,000円 / 1ヶ月(**節約する方法あり)
食費 30,000円〜50,000円 / 1ヶ月(**節約する方法あり)
交通費 5,000円〜10,000円/ 1ヶ月
交際費 10,000円〜(遊び代)

合計100,000円 / 1ヶ月程度

オーストラリア留学生やワーホリ渡航者はだいたい10万円前後で1月生活しているのが実情だと思います。生活費の内、支出額が大きく占めるのは「家賃」(シェアハウス)だと思います。

シェアハウスの家賃を節約して生活コストを抑えるには?

オーストラリアでシェアハウスの家賃を安く抑えるには5つの方法があります。以下の5つの方法は私がオーストラリアで家賃の下げるために「した」、もしくは「見た」実話です。

  1. 家賃が安い都市で生活する。
  2. シェアハウスのマネージャーをする。
  3. 友達の家に転がり込む(もしくは友達の家のベランダにテントを張って生活する)
  4. シェアハウスを自分で運営する。
  5. 野宿する

3〜5まではについては現実的ではないので、「家賃の安い都市で生活する」「シェアハウスのマネージャーをする」というのが家賃を抑える手段になるかと思います。

家賃の低い都市で生活する

オーストラリアの都市の中で家賃が安い都市はどこになるかというと、都市部じゃない所がそうなります。簡単に言えばシティーから離れていけば離れていくほど家賃は下がっていきます。

オーストラリアで大きい都市の順に挙げていくと、1位シドニー>2位メルボルン>3位ブリスベン>4位パース>5位アデレード>6位ゴールドコースト>・・・というように続いていくので、3位ブリスベンあたりから家賃はガクンと下がっていきます。

ブリスベンでもシティー中心地から離れると更に家賃が下がるので、家賃を下げて生活するなら不便な場所に行くしか無いということが言えるでしょう。

シェアハウスのマネージャーになる

シェアハウスにはオーナーがいます。その部屋の持ち主かその部屋を借りてシェアハウスを運営している方です。オーナーは常にハウスにいないので、マネージャー的な役割の人を必要とします。掃除やゴミ出し、新しく入居する人を受け入れたりしたりする役割の人です。

シェアハウスのオーナーと仲良くなって、マネージャーになれれば、家賃が他の人の半額くらいもしくは0ドルになっていた人もいました。

【稼げる?】オーストラリアでシェアハウスの始め方と注意点

食費に関して

オーストラリアで食費を節約するいい方法は飲食店で働くことです。日本食レストランやその他ローカルレストランでも、ほぼ100%賄い(まかない)が出ます。仕事後に晩御飯を持って帰れたり、職場で食べれたり、明日のお弁当まで出しているレストランも見たことあります。

飲食関係で働けば、間違いなくオーストラリアでの食費は節約できるでしょう。

6. 費用削減できるポイントまとめ

  1. 航空券はLCCやセール時のキャンペーンを見逃さない【-20,000円くらい】
  2. 都市選定と語学学校選定は学費を比較しながら進めるべき。【-200,000円くらい】
  3. シェアハウスは家賃の安い都市、下げられる方法を模索する【-30,000円/月くらい】
  4. ホームステイよりバックパッカーズからシェアハウスに移動して初期コストを下げる【-50,000円くらい】
  5. 飲食関係の仕事について【まかない】を毎日食らう!【-30,000円くらい】

 

ワーホリ&留学は意外と大金節約ができました!?

オーストラリア留学&ワーホリの究極節約術はいかがでしたでしょうか?

オーストラリア留学、ワーホリで渡航される方は少しでも費用を抑えてオーストラリアに渡航できれば浮いた費用を学費に当てて、更に長い期間語学学校で勉強することもできるし、不必要な費用はできるだけコストカットすべきだと思います。

特にオーストラリアの語学学校の学費航空券宿泊費(家賃)は大きい金額になってくるので真剣に検討されたほうが良いです。

オーストラリアで英語を習得する為に留学、ワーキングホリデー制度を使って渡航するのですから【本業の英語】に1番費用を割けるようにプランの組み立てをすることが大事ですね。

オーストラリア渡航の節約術【番外編】

 

【番外編1】:手続き無料エージェントを利用する

優良エージェントを選ぶべきだと思いますが、有料エージェントは選ぶべきではないと私は思います。お金を払ってでもしっかりサポートしてもらえる留学エージェントが良いって思います(というか、私もその一人でした)が、結構サポート費用を払っても無料エージェントのサポートの内容と変わらないんだな〜って後からわかってきたので、高額なサポート費用は支払わなくてもいいかと思います。

(あるある)自分がボッタくられていることをオーストラリアに来てから知ることになる・・・

費用を抑えてワーホリに行き、現地で英語を学びながらオーストラリアで沢山働いて沢山貯金したいのに・・・ワーホリ渡航者はみんな、そんな理想を抱いています。

皆さんそうですが、ワーホリ終わる頃に資金ゼロで次に何もできない!というよりかは、できればオーストラリアでガッツリ貯金して次のステップに行くための軍資金を作りたい!というのも本音かもしれませんね。

【番外編2】:海外保険は自分で選ぶべき

海外保険って結構金額が高くなるので、自分で予算と保険がカバーする内容を確認して選ぶべきだと思います。

ただ、学生ビザでオーストラリア留学する人はOSHCというオーストラリア政府が定めている学生強制保険に加入しなければならないので日本では特に保険に加入しなくてもOSHCに加入していれば問題ありません。

【番外編3】:スマホは日本でSIMフリースマホを用意すべき

オーストラリアに出発する前に、今お使いのスマホをSIMフリー(海外のSIMカードが使えるように)にSIMロックがかかっていれば解除する、もしくはSIMフリーのスマホを日本で購入してからオーストラリアに行ったほうが結局コストは安く済みます。

【番外編4】:オーストラリアで稼げればプラス!仕事サポートは欲しい

オーストラリアに渡航したら、がっつり働いて節約思考を変えてがっつり稼ごう思考に変えていけばいいと思います。オーストラリアは時給も高くアルバイトでも日本でいう新卒の給与以上の収入があるのは事実です。

関連記事:【ワーホリ貯金】オーストラリアのワーホリで3ヶ月100万円貯金できた話

仕事探しなどもバックアップしてくれる留学エージェントを利用するのも選択肢としては正解だと思います。

最後に

ワーキングホリデー、留学でオーストラリアに渡航される方はオーストラリアに来てから予想外の事件や、宿が見つからずにホテルで短期滞在したり、予想外の出費もかかることがあります。

日本にいる準備段階で、しかも渡航する前に高額な費用がかかること自体がおかしいですので、節約できる部分は節約して、イザというときの費用を十分にもっておくのも重要かと思います。

格安でワーホリに渡航するからといって、何かボロボロの飛行機に乗って、ボロボロの家に住むように節約する方法ではなくて、思っている以上にオーストラリアへのワーホリは格安で渡航できますし、不必要な費用を払いすぎですよ!ということでした。

一人でも多くのこれからのワーホリ渡航者、留学生が格安でオーストラリアに来れますように!

エリア

カテゴリー

タグ一覧